Event is FINISHED

アクティブワーキング in 伊豆大島 vol.2 “東京にいちばん近い島”で〈持続不可能な未来〉に向き合い、 次世代エコノミーをデザインする

Description
首都圏から最も近い東京都の離島「大島」。
この場所をフィールドに、企業と生活者とが出会う事業創発プログラムです。
大島の若手キーパーソンをはじめ生活者の方々と、 事業意欲の高い参加企業の方々が対話を重ね、 離島ならではの豊かな自然環境と先進課題に触れる3日間。
次代のサステナビリティを見つめるとともに、 新たなプロジェクトデザインを支援します。


[アクティブワーキングとは]

都市で働くビジネスパーソンが地方でリモートワークをしながら、短期間でビジネスをつくりだす“着地型事業創造プログラム”です。

地方には、まだ知られていない無数の資源が存在します。解決の余地がある社会課題や、地域のキーパーソン、意欲的なチャレンジ……激しい競争のなかでビジネス機会を求めている企業にとって、地方はまだ見ぬフロンティアと言えるのかもしれません。

アクティブワーキングは、「もっと稼ぐ」ことに意欲的な〈地域〉と都会の〈企業〉をつなぎます。地域の課題から自社を見つめ直し、次なる一手のヒントを掴むとともに、新たなビジネスのきっかけとなる機会をご提供します。

アクティブワーキングは主に3つのプログラムでそれらを実現します。

1. Input / フィールドワーク&リモートワーク
2. Creation / ワークショップ&プロトタイピング
3. Output / ビジネス商談・提案(希望者)



現地事業者との対話や観察を重視したフィールドワーク、課題解決やビジネスの可能性を検討するワークショップ。希望者は、現地事業者とのビジネス商談や提案の申し込みも可能です。これによって、単なる視察だけ、単なるアイデア創発だけ、に留まらない、深い理解や洞察、共感に基づいたビジネスクリエイションの機会を提供します。テーマに基づく課題解決を可能とする専門家もゲストとして参加し、それぞれの対話を深めます。

※いつでもリモートワークが可能です。仕事(日常業務)の持ち込みも大歓迎ですので、ぜひご参加ください


[今回のプログラム内容]

今回の対象地域は、東京都大島町。
東京から120kmに位置し、温暖多湿な海洋性気候により豊かに自然に恵まれています。人口は昭和27年の13,000 人から7,746人に減少(2018年10月)。産業別人口でみると、かつてはその半数以上を占めていた農業、水産業の第一次産業に代わり、近年では、サービス業や卸・小売業が増加し、今や第三次産業の構成比は全体の8割近い数字になっています。


大島町では、3つのテーマに着目します。

Day1:【海洋・離島教育】離島ならではの海洋および自然の価値や課題の探索。また島の未来を担う離島教育を扱います
Day2:【自然と食文化の継承】三原山と裏砂漠という雄大な自然に触れるとともに、婦人会の方々と島の生活や文化を語らいます
Day3:【災害・防災】豪雨等の災害現場を散策し、地域・社会の復興力と持続可能性を考えます

地域産業のポテンシャルや潜在的な生活者の様子を、ぜひその目で確かめてください。そして、多様な人たちとの対話や観察を通じて互いの価値や可能性を発掘し合い、課題解決の視点を獲得したり、新たなビジネスの足がかりを拡げてください。

あなたの参加が、「もっと稼ぐ」仕組みとなり、企業と地域の持続可能性にもつながる。
そんなアクティブワーキングに、ぜひご参加ください。


[日時]
Day1:12/18(水)スタート13時想定
Day2:12/19(木)
Day3:12/20(金)終了12時想定


[集合・解散]
伊豆大島 岡田港もしくは元町港(天候により発着港が変わります)

※港からの現地移動はすべて公用車等で行いますので、個別にレンタカー手配は不要です
※途中合流・離脱などに伴う港への送迎については、都度調整し対応します
※全プログラムへの参加が必須ではありません

※同じプログラムを12/10(火)-12/12(木)にも実施します
アクティブワーキング in 伊豆大島 vol.1 
http://activeworkingoshima01.peatix.com


[参加費/定員]
参加費:200,000円(2泊3日)/各20名


[プログラム]




※プログラムは変更する可能性があります。
※本プログラムは、パッケージツアー(旅行商品)ではありません
※チケットのほか、現地(港)までの移動、現地での宿泊費、及び飲食費は各自でのご負担となります
※宿泊は、7,000〜8,000円程度となります。確定後、ご連絡いたします


[こんな企業・個人におすすめです]
・社会課題を事業機会と捉える企業、イノベーター
・豊かな自然環境フィールドを探す企業 ・教育・学習環境の開発事業者、教育関係者
・社内の人材開発や事業開発支援部門、イントレプレナー
・研究開発、実証フィールドを求める企業・研究者



[参考]
過去のトライアルの模様はこちらからご参照いただけます

・ふつうに仕事をしていれば、地域の魅力が見えてくる!?(あしたのコミュニティーラボ)
http://www.ashita-lab.jp/special/5636/

・新しい事業機会のフロンティアは、“地域”に潜む?(あしたのコミュニティーラボ)
http://www.ashita-lab.jp/special/8077/

[主催]
株式会社フロンティアコンサルティング/株式会社インフォバーン


Dec 18 - Dec 20, 2019
[ Wed ] - [ Fri ]
1:00 PM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
伊豆大島
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥200,000
Venue Address
東京都大島町 Japan
Organizer
IDL | Infobahn Design Labo.
621 Followers

[PR] Recommended information